ホスティングサーバー

続いてVPSなども使えるかどうかも確認しておくとよいでしょう。
仮想専用サーバによりコストを低く抑えつつも、比較的自由度の高い運用をすることができるためです。
専用サーバの運用はコマンドを打たなければならないので手間がかかると思われる方もいるかもしれません。
そういう場合はブラウザから直接操作できるタイプのサービスを提供している会社を選択するのも一つの手でしょう。
ベットサービスを申し込む必要があるかもしれませんが、簡単に管理することができます。

働く

データセンター側に専用のサポート窓口や見学コースを設けている場合もあります。
自分で調べて決めたいタイプの方もいるかもしれませんが、候補を絞ったら最後はデータセンターの方と直接やりとりした方が良いでしょう。
できれば数回やりとりされることをおすすめします。
というのもトラブル発生時にどのような対応をされるのかが事前に確認できるためです。
最悪の事態を想定したときに、適切な対応をしてもらえる会社を選ぶことが重要です。

レンタルサーバー

VPSはVirtual Privert Serverの略で、日本語では仮想専用サーバーと訳されています。
レンタルサーバーを利用する際に、共用サーバーでありながら専用サーバーであるかのような使い方が可能なシステム、あるいはそのサーバーを提供するサービスのことを指す言葉です。
一般にサーバーのレンタル形式には共用型と専用型の2種類があります。
前者はデータセンターに設置されている1台のサーバーを複数のユーザーが共用するのに対し、後者は1台を1ユーザーが独占的に使用するというものです。

レンタルする

共用型は導入コストが安く、メンテナンスも基本的にはホスティング業者に一任できる手軽さがありますが、他のユーザーの影響を受けて使用が制限されることがあるなどのデメリットが存在します。
一方専用型は独占使用のため自由度が高く安定性にも優れていますが、その反面コストが高く、管理・運用には専門的な知識が必要です。
また、データ使用量の少ないユーザーにとってはオーバースペックとなることもあります。
この2者の中間的な性格を有しているのが、VPSです。

働く・電話

VPSは1台のサーバーを複数のユーザーで共用しますが、個々のユーザーに管理者権限が与えられます。
そのため各ユーザーがそれぞれのニーズに合わせて独自にソフトウェアをインストールすることができるなど、専用サーバーとほぼ同等の使い方が可能となります。
それでいてサーバーは共用であるため、レンタル料を低く抑えることができます。
また、VPSの多くは1ユーザー当たりの使用可能な容量をあらかじめ設定した上でシステムを構築しているので、他のユーザーの使用状況に影響されることがないという利点も持っています。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031